山本一力 『深川黄表紙掛取り帖』

2008-05-20 | からnakmas | ファイル: .

山本一力さん、最高!!!

元気になる歴史物語。

主人公 蔵秀(ぞうしゅう)たちは、今でいうと”広告代理業”みたいなことをやって、

ひとの商売を手伝う。または、気に入らないのには一泡ふかせる。

いちばんの大仕事は、今でいうM&Aをしている油屋(IT産業みたいな先端を行くイメージでは
ないけど)の、”敵対的買収”ととっちめる企て。

個人的には、M&Aが全て悪いわけでもないし、ひとつの商売の方法だろうと思っているが、

日本人の気持ちや社会の雰囲気として、”悪”とするものがあるんだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です