live paint or dead paint

2008年2月10日 | からnakmas | ファイル: 絵画.

アメリカ人の友達のお父さん。
ユタ州でthe artist of the yearに選ばれたらしい。
家のアトリエに一度お邪魔したり、
何枚か絵を見せてもらったりしたけど。
(その友達のinvitation cardの絵は、彼の描き下ろしだった。)

http://www.artistsofutah.org/15bytes/08feb/page1.html
最初の段落に書かれている
“This painting is really frustrating to me because I’m feeling like this paint’s getting a little dead on me up here,”
のコメント、打ち抜かれた。やっぱり絵にしても、音にしても、自分削って、命を吹き込んでいかないとダメだよなって改めて。
このページの一番下の絵(砂漠の)、すごい透明感じゃない!?(砂漠なのに)

人間的にもとてもユーモア(皮肉っぽいジョーク)にあふれた人だった。
芸術肌だからしょうがないね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です