空気を読む

2007年12月29日 | からnakmas | ファイル: news.

「KY(空気読め)って言葉、オレは許せない。どこまで知的レベルを落とせばいいんだ、この国は、って思います。・・・・・」と小栗旬さんがインタビューで答えたそうです。

いいこと言ってくれた。パチパチ

(空気読めない)の意味で多く使われていたので、
とても単純に(空気読める)だってKYじゃんか??と思った。
それくらい知的というか、美的というか、
実用的にもセンスがない言葉であることは確か。

10年くらい前にTVから消えたと思っていた、
ルー大柴の言葉も同じレベルでしょう。
日本人の考えや言葉の品位を疑われると思う。

おととい汐留のマックで座っていたら、
外国人が入ってきて、店員の1人に道を尋ねていた。
その女の子はぺらぺらっと軽く答えてあげて、
外国人が出て行った瞬間に、
仲間の店員たちは「お~かっこいい!」だって。
女の子は、顔を赤らめていた。

日本人の言語に対する考えを物語っているなと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です