“I”statement

2007年12月10日 | からnakmas | ファイル: 人 life.
決して自己啓発マニアでもないけど、
人と通して、経験や思いなどと一緒に学べるのは好きで、
ひょんなことから、この半年くらい、「子育て」を主眼にしたセミナーを受けている。

昨日の日曜にあって、
心に残ったスキルは、”I” statements。
子どもがやったことに対して、
「いい」とか「残念」とか、「こういう風にしほしい」とか、
親である自分はどう思っているかをしっかり伝えていく、ということ。

変に客観的に、中立に子どもを見ているとか、
それ以外の周りの人、起こっている事柄を見ているという態度は、
やっぱりいいものではないんだ。
下手をすると、「無関心」や「無責任」の方に大きく振り子が振れる可能性が大きい。

それより、自分の立場・態度・思いをしっかり持って、
子どもやその他のものにも接していく方が、
自分も気分が楽だし、
相手にも分かりやすいだろうと思う。

これから1ヶ月間の課題です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です