ガッコウサイ

2007年11月22日 | からnakmas | ファイル: news.

「学校祭」ではなく、「学校債」について。

高校から私立に行った身の上で、
どうも納得できないのが、
在学中も卒業後も忘れずに来る「寄付の依頼」。

学校だからって、
当然だ!と言わんばかり。

教育はお金がかかる。
しかも、特に学校教育なんてのは、回収するまでに相当な期間を要する”超先行投資”。
もしかしたら、実どころか、芽も出ないかもしれない。

だからこそ、研究と、ポスト争いしか知らない教育者だけに任せないで、
ちゃんと学外から経営の専門家・コンサルタントを入れて、
投資効率を上げられないものかね。

じゃないと、どこから出てきたかわからないような学校や、
もしかしたら有名なところまで、
バブル破綻後の企業のように、どんどん潰れていくかもしれない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です