田横という男

2007年10月24日 | からnakmas | ファイル: .


中華思想は付いていけないところも多々あるけど、 宮城谷さんの書く中国の歴史は、学べるし、中国人でも同じ人間として共感できる。

とてもかっこいい生き方を見せてもらったな、というところです。
大混乱の世の中にあっても、
しっかりとした価値観(彼の場合は老子の思想や、彼独自の道徳観というか仁義など)や、結局戦術になるのかもしれないけど、身体的な力なんかを持ち合わせていると、こんな風にさわやかに、快活に生きれるんだなと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です