かっこいい男の理想像

2011年9月8日 | からnakmas | ファイル: 本 book.
喜八郎、この男はかっこよすぎる。
こういうのをハードボイルドというのかわからないけど、
かっこよさの理想に近いんじゃないか。

ただ、元武士の損料屋、つまり生活必需品のレンタル屋という立場、
そして裏稼業。この設定を呑み込めるまでが勝負だけど。

いやー早く続きが読みたい。
一力さん、期待してます!


粗茶を一服―損料屋喜八郎始末控え


損料屋喜八郎始末控え


赤絵の桜―損料屋喜八郎始末控え


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です