死ぬまでを描く

2011年6月14日 | からnakmas | ファイル: 本 book.

言い触らし団右衛門 (中公文庫)

普段はちょろっとしか読まないあとがきが秀逸だった。

「・・・その一所懸命に生きた人間たちは、司馬さんの小説のなかでは、ほとんど例外なしにかならず死ぬのである。英雄・豪傑の話というのは、おおむね爽快なもので、多くの作家は、英雄がその野心を達成したクライマックスを作品の大団円とする。要するに、めでたしめでたしの結末なのである。だが、司馬さんは、主人公が死ぬところまで、かならず書く。」(283頁)

どんなピンチに見舞われようとも、主人公が死なないのが、ハリウッド映画だと聞いたことがある。
それは夢やイメージを売り物にしているからなんだろう。

でも、司馬さんや塩野七生さん・宮城谷昌光さんの書いたものというは、
歴史を題材に取りながら、現実を見るように導いてくれる。

人の好き嫌いなんだろうけど、自分は断然後者を取ります。
なので、この短編集も楽しかった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です